具合悪そうに泳ぐ姉ちゃんと穴のあいた靴下

幻は酔った博士でも信じなかった
あなたが感じている「研究家」と、一般的に感じている「コーラ」は、もしかしたらまったく違っているかも。そうやって想像してみると、ちょっと不思議だね。

騒がしく口笛を吹く父さんと夕立

鹿児島に定住してみて、墓前にいつも毎日、生花をやっている人々が多人数なことに感嘆した。
50〜60代の女の人は、毎日、墓所に花をしていないと、近くの女性の目が気にかかるらしい。
毎日、弔花をやっているから、毎月の切り花代もめちゃめちゃばかにならないらしい。
連日、周辺の老齢の女の人はお墓に集まって草花をあげながら、歓談もしていて、お墓の重苦しい雰囲気はなく、まるで、騒がしい広場みたいに明るい空気だ。

雨が上がった月曜の昼にひっそりと
水彩画やフォトといった芸術が大好きで、絵も得意だと思うけれど、写真が恐ろしく苦手だ。
それでも、前は上機嫌で、ペンタックスの一眼を重宝していた時期もあり、なにがなんでも持ち歩いたりした。
面白いほどレンズが合ってなかったり、おかしな配置なので、レフがあきれているようだった。
それは置いておいても、カメラや加工は凄くかっこいいと思った!

じめじめした月曜の早朝は昔を思い出す

暑い季節っぽいことを特にしていないが、ともだちと来週、コテージをレンタルしてバーベキューをする。
毎年の流れだけれど、まれに、息抜きになる。
男のメンバーが少ないので、めちゃめちゃたくさん準備をしないとな。
特に、火起こしが、女性だと苦手な人が多いので、してあげないと。
だけれどきっとみんなで焼酎を飲むからその時は、お酒をがぶがぶ飲まない様に注意しよう。

気持ち良さそうに叫ぶ母さんと冷たい雨
ここ最近、ひとり娘が公園で楽しまない。
暑いからか、室内でお気に入りが大変楽しいからか。
多少前までは、とても家の外に行きたがっていたのに、今日この頃は、そんなに出かけたがらない。
まあ、父から見て、今のところ困ることもなく、気にしないがけれど女親としてはちょびっとでも気にしている。
けれど、暑い場所で遊ばせるのも心配だ。

よく晴れた月曜の朝は椅子に座る

ショップ店員さんって私には無理・・・と思うのは私だけだろうか。
勤務中、職業柄しっかり着飾らないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、外で仕事する時はスーツ着ればOKだし、メイクもシンプルでそれでよし。
休みの日も、自分が納得するファッションを纏えばいいし、在宅で働くときはワンピース一枚で大丈夫。
なので、おそらく、服を売るなんて商売には、向いていない。
服を買おうとしていると、店員さんが近寄ってきて流行や合わせ方を教えてくれる。
どうしてもそれに固まってしまい、買わずに逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって難しそうと思う事の大きな理由の一つだ。

凍えそうな水曜の夕方にゆっくりと
カメラ自体、全く持って大好きだけれど、また突出していると言うくらい宝物なのがトイカメラだ。
4000円払えば単純な物がすぐに所有できるし、SDカードがあるならばパソコンでもすぐに再生できる。
現実味や、感動の一瞬を写すには、性能のいいカメラがお似合いだと思う。
だけど、その情緒や季節らしさを収める時には、トイカメには他の何にも負けないと感じる。

湿気の多い仏滅の夕暮れにお酒を

MCで有名な人が突然引退表明!!なので、ニュースやネットで一杯扱っていますが、とてもすごいですね。
次々と変わる国の首相がどの人になるかという内容よりニュースでは番が先ですからね。
どのような人が日本の首相になっても変わらないって思うのもめっちゃいますし、そんなことより大物お笑い芸人が芸能界を辞めてというのが何かしら影響がでるということですかね。

雨が降る休日の早朝に歩いてみる
そそられなかったけれど、運動もほんの少しでも取り組まなくてはとここ最近思う。
会社が変わってから、ここ最近、歩く事がめちゃめちゃ少なくなり、体脂肪がめっちゃ上がった。
それに加えて、年もあるかもしれないけれど、お腹周りにぜい肉がついてきて、ものすごくみっともない。
ある程度でも、頑張らないと。

暑い仏滅の日没は立ちっぱなしで

一つの体の大半が水分だという研究結果もあるので、水の摂取は人類の基盤です。
水の摂取を欠かすことなく、みなさん元気で楽しい季節を過ごしたいものです。
輝く光の中から蝉の鳴き声が聞こえてくるこの頃、いつもはそんなに出かけないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だと紫外線対策に関してマメな方が多いかもしれません。
夏の肌の手入れは夏が過ぎた時に出てくるという位なので、やはり気にかけてしまう部分ですね。
やはり、すべての方が気を使っているのが水分摂取についてです。
もちろん、いつも水分の過剰摂取は、あまり良くないものの、暑い時期ばかりは例外かもしれません。
なぜなら、多く汗を出して、気付かない間に水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分自身の調子も影響するでしょう。
ともすれば、自身が気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
夏の時期の水分摂取は、次の瞬間の身体に出るといっても過言にはならないかもしれません。
短時間外に出る時も、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があったら非常に経済的です。
一つの体の大半が水分だという研究結果もあるので、水の摂取は人類の基盤です。
水の摂取を欠かすことなく、みなさん元気で楽しい季節を過ごしたいものです。

薄暗い火曜の夜は座ったままで
使う予定があり入用なモウソウダケを規則的に譲り受けるようになり、願ったりかなったりなのだが、しかし、密集した竹が余計でどしどし運び出してほしい山の持ち主は、私が仕事で使いたい量以上にモウソウダケを取って運ばせようとしてくるので面倒だ。
うじゃうじゃ運んで戻っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、大きな竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、持って帰ってくれと強く頼みこまれる。
私もいるものをタダでもらっているので、強く言われたら断れない。

◎サイトメニュー

◎サイトメニュー

Copyright (c) 2015 幻は酔った博士でも信じなかった All rights reserved.