汗をたらして話す姉ちゃんと私

幻は酔った博士でも信じなかった
「酢豚」は好き?嫌い?いろいろ思いがあるかもだけど、さほど悪くはないよね、「パティシエ」は。そう感じない?

泣きながら口笛を吹く先生とわたし

お盆やすみでも里から別れて住んでいるとたまにしか認識することがないが、少なくとも、供え物くらいはと思い家元へ買って送った。
生まれた家に居たら、線香を持って祖の迎えに出向いて、お盆のしまいに送りにおもむくのだが、離れて暮らしているので、そうやることもない。
近隣の人は、線香を持ち墓に行っている。
そういう姿が視認できる。
日常よりお墓の近辺には数多くの乗用車が路駐されていて、お参りの人もめっちゃ多く視野にはいってくる。

じめじめした火曜の午前は微笑んで
山梨は果物王国と言われるくらい、果物の栽培が行われている。
日本でも珍しい海に面していない県で高い山に囲まれている。
そのために、漁もできなければ稲作もあまり盛んではない。
なので、山梨県を統治していたあの柳沢吉保が果物つくりを提案したのだ。
他県に負けない優れた名産が欲しかったのだろう。
山と山の間の水はけの良さと、山国ならではの昼夜の気温の差は立派な果物を実らせる。

蒸し暑い金曜の昼はカクテルを

なにかしら贈り物を思いつかなくてはと考えている。
結婚記念日がすぐで、家内に喜んでもらえるおくりものを渡したいのだけれどたいそういいプレゼントが思いつかない。
家内に何か欲しい物があるのならばいいのだが、あまり、物を欲しがる気持ちが存在しないので、嬉しがりそうなものが見当つかない。
ただし、妻に気づかれない様に嬉しがりそうなものを見つけてびっくりさせたい。

無我夢中で踊る姉ちゃんとあられ雲
私が思っていたより縫物用の布はばかにならない。
子が幼稚園に入園するので、色々と手作りの袋が指定された必要品とはいえ、案外仕立てるために必要な布が金額がいった。
ことに、キャラクターものの縫物用の布なんて、めっちゃ高い。
キティーちゃんやアンパンマンの生地がものすごく金額がいった。
持っていくサイズの入れ物を西松屋なので買った方が手っ取り早いし、安価だけど、かたいなかなので、聞いてみたら、みんな、母親が縫ったものだし、近隣に販売していない。

熱中して熱弁する君と冷めた夕飯

挨拶用で何着か少しだけスーツ用のYシャツを購入しているけれど、絶対決める時に何枚も着てみる。
これくらい、着てみた感じにこだわるのも変わってるかと感じていた。
しかしながら、今日、Yシャツはオーダーメイドしてもらうという方がいたので、非常にびっくりした。
けれど、ワイシャツひとつでかっこよく見えるからかな、と感じた。

夢中で歌う子供と草原
甘いお菓子が非常に好きで、洋菓子やだんごなどを自分でつくるけれど、子供ができて作るおやつが限られた。
私たち夫婦がすごく喜んで食べていたら、娘が自分も食べたがることは当然なので子供も食べられるおやつを自分でつくる。
自分は、激甘なケーキがすごく好きなのだけれど、しかし、子供には砂糖とバターが多い物などはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやリンゴをいれたバウンドケーキが栄養的にも良いと考えているので、砂糖とバターを少なくして入れて混ぜて焼く。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、めっちゃつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

騒がしく歌う友人とファミレス

time is moneyとは、凄い名言で、だらだらしていると、見事にすぐ時間が無くなる。
もっと素早く勉強も提出物も終了すれば、これ以外の作業に時間を回すことが出来るのに。
しいて言えば、ウォーキングしたり、料理にチャレンジしたり、本を読んでみたり。
そう思ったので、近頃はさらりとこなそうと心がけているが、どれくらい出来るのか。

よく晴れた土曜の深夜に窓から
友人の住まいのベランダで育てられているミニトマトは、かわいそうなミニトマトかもしれない。
枯れる直前まで水を与えなかったり、稀にコーヒーをあげたり、コンソメスープをプレゼントしてみたり。
酔った私と彼女に、日本酒を与えられたこともあり。
育ての親である彼女は、機会があれば絶対トマトジュースを飲ませたいという。
すでにトマトの意思は完全に関係ない。

夢中で口笛を吹くあの人と履きつぶした靴

花火大会の季節だけれど、今住んでいる位置が、リゾート地で週末の夜、花火が上がっているので、もううんざりしてしまって、新鮮さも感じなくなった。
土曜日に、花火を打ちあげているので、抗議もどっさりあるらしい。
俺の、住居でも花火のドンという音がやかましくて子がびくびくして泣いている。
夏に一回ならいいが、夏休み中、土曜日に、長時間、花火をあげていては、うざい。
すぐに終わればいいのにと思う。

無我夢中で体操する兄さんと横殴りの雪
見物するのにけっこう長く歩き進まなくてはならない動物園は、9月は大変暑くて汗がでる。
友人夫婦とお子さんと自分の家族ともども合同で行ったが、めっちゃ日差しも暑くてきつかった。
めっちゃ暑すぎるので、チーターもトライオンも他の動物もあまり行動していないしし、遠くの影に隠れていたりで、ほとんど観察出来なかった。
今度は、クーラーのきいた水族館などが暑い季節はよさそうだ。
子供が小学生になったら夏期限定の夜の水族館や動物園も良さそうだ。

◎サイトメニュー

◎サイトメニュー

Copyright (c) 2015 幻は酔った博士でも信じなかった All rights reserved.