よく晴れた土曜の午前は食事を

幻は酔った博士でも信じなかった
アナタが考えている「牛丼」と、一般的に考えている「カクテル」は、もしかするとまるで違っているかも。そう想像してみると、ちょびっと変な感じがしない?

どしゃ降りの大安の夜明けに昔を思い出す

怖い物はいっぱいあるけれど、海が怖くて仕方ない。
しかも、沖縄やハワイなんかの淡い水色の海ではない。
どちらかと言うと、駿河湾などの暗い海だ。
つい、どこを見ても海、という状態を想像してしまう。
それが経験したかったら、open water というシネマがベスト。
ダイビングで海上に取り残された夫婦の、会話のみで話が進んでいく。
どう考えても、私には怖い内容だ。
実際に起こり得る事なので、ドキドキ感は大変伝わるだろう。

息絶え絶えで踊る妹と季節はずれの雪
今日の体育はポートボールだった。
少年は、球技は苦手なので、つまらなそうに体操服に着替えていた。
きっと今日は、運動神経バツグンのケンイチ君ばかり注目を集めることになるんだろう。
今日はきっと、運動神経抜群のケンイチ君の活躍が目だつだろう。
そうなると、少年憧れのフーコちゃんも、ケンイチ君を見つめることになるのだろう。
少年はため息をつきながら、運動場へ向かった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年の方を何度も見てたことを、少年は気がつかなかった。

雲の無い火曜の深夜にゆっくりと

去年の真夏、クーラーの効いた部屋の中で冷たい飲み物をしょっちゅう飲んでいた。
私はしょっちゅう熱中症にかかっていたので、体を冷やすことが大事だと思いついたから。
冷えた部屋で、カーディガンもなし、さらにアイスティーにハーゲンダッツで涼しさを求めた。
だから、順調だと実感していた夏。
だけど、やってきた冬の時期、例年よりもさらに冷えを感じることが増加した。
外に出る仕事内容が増えたこともあるが、寒くてコンビニへすら出れないという事態。
なので、きっと、暑い時期の過ごし方は冬の体調管理にもつながると思っている。
しっかり栄養を摂取し、偏りのない食生活を心がけるのが懸命だと思う。

騒がしく自転車をこぐ君と気の抜けたコーラ
学生時代、父も母も、娘の私の対人関係に対ししつこく積極的であることを求めてきた。
一般的より外れてはいけない、など。
とても生きにくい過去だったと思う。
授業が終わると、毎日のように偽りの自分を楽しそうに母に話す。
そうすると、喜んでくれるのだ。
ちょっとでも目立つと、おかしい。
こんなことだけ思っていた昔の自分と両親。
悲しい過去だと今は感じる。

涼しい火曜の夜明けにお酒を

毎年、梅雨の季節がお気に入りだ。
部屋の中は湿度が上がり出かければ雨に濡れるけど。
一つの理由として、小さいときに、雨の日に咲いていた紫陽花がきれいで、以来紫陽花が咲くのを楽しみに待っている。
長崎出島にて知り合い付き合い始めた、シーボルトと瀧の紫陽花デートの話を知っているだろうか。
オランダ人に紛れ込んで日本へやってきた、ドイツ人のシーボルトが、アジサイを見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と話した。
雨に打たれながらけなげに咲くあじさいを見ながら何回も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
そのうち訛って、あじさいはオタクサと別名を持つようになったという。

汗をたらして大声を出す先生と濡れたTシャツ
随分久しぶりのお仕事の日、初めて業務で一緒に過ごしたAさんという男性は、大きな人だ。
一番初めに会話をして以降貫禄があり、プラーベートな会話は少しも話す機会がなかった。
この前、なんとなくAさんの半袖になった大柄な腕をみてびっくりした!
大粒のパワーブレスが10個以上目に入ったため。
ついつい、パワーストーン興味があるんですね!と話しかけてしまった。ほど。
にっこり笑ったAさんは得意げに、想像とはうらはらに可愛い顔で、ひとつひとつの天然石の名前語ってくれた。

雨が降る月曜の朝に外へ

私は肉があまり好物ではない食事はあたりまえに魚介類メインになってくる。
となると、この時期の、土用丑の日の鰻は、大きなイベントだ。
江戸のあたりでうなぎを開く場合、背開きという習慣があるという。
どういう事か話すと、かつて武士文化だったので、腹開きにすれば切腹につながってしまい、縁起が悪いため。
一方で、西の方で開く分には、腹開きである場合が習慣。
というのも、関西地方は商人の場所なのでお互いに腹を割りましょうという事にもとれるから。
でも、自腹を切るという取り方も通じるので、状況によっては良いとは言えない時も。
というのも、関西地方は商人の場所なのでお互いに腹を割りましょうという事にもとれるから。
でも、自腹を切るという取り方も通じるので、状況によっては良いとは言えない時も。
こちらの話は、旅行会社で働いていた時に、紹介として、参加者に話していた話です。
東京駅からスタートして、静岡県の浜名湖の鰻を食べるために行こうという日程。

夢中で自転車をこぐ姉妹と季節はずれの雪
誰もが知る見どころになっている、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪れた。
法隆寺式伽藍配置もばっちり見せてもらい、立派な五重塔、講堂も目にすることができた。
資料館で、国宝指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも大きなものだった。
法隆寺についてを学ぶには、きっと、膨大な時間を要するのではないかと感じている。

怒って跳ねる君と冷たい雨

いつも、マンションで個人的に行えるような業務をして、繁忙期にお声があると派遣先に仕事に参加する。
たった、何回かだけど、本気で億劫に感じて仕方ない。
いっそ引き受けるの辞めてしまおうとか。
声がかかれば張り切るけど、多くの社員にはさまれて、みんなで業務をこなすのは難題だ。
なんて、母に持ちかけると、言いたいことは分からなくない、と言って、クスクス笑っていた。

笑顔で叫ぶあの子と月夜
昔よりNHKを見ることがすごく増えた。
昔は、母親やひいばあちゃんが見ていたら、NHK以外の番組が見たいのにと考えていたが、このごろは、NHKが嫌ではない。
かたくない番組がすごく少ないと思っていたのだけれど、近頃は、かたくない番組も以外と多いと思う。
それとともに、かたい番組も好んで見るようになった。
それ以外に、暴力的でないものや息子に悪い影響が非常に少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえすごく攻撃的のように見える。
毎週ぼこぼこにして解決だから、子供も真似するようになってしまった。

◎サイトメニュー

◎サイトメニュー

Copyright (c) 2015 幻は酔った博士でも信じなかった All rights reserved.