風の強い大安の午前は想い出に浸る

幻は酔った博士でも信じなかった
たとえば、地球のことを知らない宇宙人に「ミュージシャン」を説明するとしたら、どうやって言う?「漁師」の雰囲気とか、いやいや、前提としてこの地球についての説明からする?

一生懸命大声を出す母さんと穴のあいた靴下

夏休みで企画が非常に増え、最近、夜分にも人通り、車の通りが大変多い。
地方の奥まった場所なので、常日頃は、夜更け、人の行き来も車の通りもそんなにないが、花火大会や灯ろう流しなどがされていて、人の通行や車の往来がめちゃめちゃ多い。
日ごろの静寂な夜間が邪魔されて少しさわがしいことがうざいが、通常、活気が僅少な農村が活気があるように見えるのもまあいいのではないか。
近くは、街灯も存在しなくて、小暗いのだが、人の通行、車の通りがあって、活況があると陽気に感じる。

気持ち良さそうにお喋りする姉ちゃんと飛行機雲
田舎に住んでいたら、ネットでものがお手軽に買えるようになったのが、非常に簡単だ。
それは、まともな本屋が市内に一軒しかなく、品ぞろえもひどいから、購入したい小説も買えないからだ。
取り寄せるよりネットショップで買う方がお手軽だ。
その理由は、本屋に行くのに原付で30分かかるからすごくめんどくさい。
ネットショップに慣れたら、本以外もオンラインショップで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが必ず安いし、型番商品は確実にオンラインショップ買いだ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

風の無い週末の夕方は目を閉じて

南九州の少しお歳の人は、毎日、切り花を墓前にあげているから、そのために、花が豊富に必要で、生花農家もわんさかいる。
夜間、車で走行していると、菊の栽培の明かりがすぐ夜間、車で走行していると、菊の栽培の明かりがすぐ目につく。
住家の光はめっちゃ少ない地方だけれど、菊の為のライトはしょっちゅう目に触れる。
菊の為の光はしきりに視認できても人通りはめちゃめちゃわずかで街灯の照明もめちゃめちゃほんの少しで、警戒が必要なので、学生など、JRの駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

気持ち良さそうに走る父さんと飛行機雲
アンパンマンは、子供に人気のある番組なのにめっちゃ攻撃的だと見える。
話のラストは、アンパンチとばいきんまんをぶん殴って終わりにすることがたいそう多い。
小さな子にも大変悪い影響だと私は思ってしまう。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、そんなに悪いことをしていない話の時でもぼこぼこにして解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとその他を見つけたら、やめろと怒鳴りながらもうこぶしを突き出している。
理由を聞くわけでもない。
説得するわけでもない。
ただ、暴力で話を終わらせるからいつになっても変わらず、いつも同じだ。
たぶん原作は違うのだろうけど、アニメ向きにする必要があってそんなふうになっているのだろう。

一生懸命叫ぶ君と失くしたストラップ

エクセルシオールでもマックカフェでもどこででも香り高いコーヒーを飲むことができる。
もちろん、どこかでインスタントを入れても楽しめるし、どこかで缶コーヒーでも。
私が一番好きなのは、スタバだ。
全てノースモーキングと言うのは、タバコの嫌いな私にとってお気に入りだ。
そのことから、コーヒーの匂いを楽しめる。
価格も決して安くはないが、上質の豆が使われているのでコーヒー好きにはピッタリだ。
甘いもの好きには入るたびにコーヒーと、つられてデザートなど頼んでしまうという落とし穴もある。

のめり込んでお喋りする先生とぬるいビール
大好きな歌手はたくさん存在するけれど、近頃は洋楽ばかり購入していた。
一方、国内の歌手の中で、好きなのがCHARAだ。
チャラは多数の楽曲を世に送り出している。
人気がある曲なのは、HEAVEN、タイムマシーン、VIOLET BLUEなど。
この国たくさんの音楽家が存在するが、チャラはCHARAは負けない個性がキラリと光っている。
この国には、世界中で仕事をするミュージシャンもたくさんいるが、彼女も人気が出るような予感がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?あたしを無人島に持って行って
こう言ったフレーズが浮かぶことに尊敬を覚える。
多くの作品の曲作りも兼ねていて、個人的には、クリエイティブでカリスマな才能がある存在だ。
ジュディマリのYUKIとコラボし、出した、「愛の火、3つ、オレンジ」も、大好き。
かっこよかったから。
誰だって一回くらい、思う、思われたい感覚の事を、うまく短文で表現している。
キャッチフレーズのコンテストなんかに参加してほしい。

気分良く話す兄さんとファミレス

とってもスイーツが好きで、甘いおやつなどをつくります。
普通に泡だて器でしゃかしゃか混ぜて、焼いて作っていたのだが、近頃、ホームベーカリーで作ってみたら、ものすごく楽でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンを混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるように心がけている。
砂糖やバターが少量でもニンジンやかぼちゃの甘味があることによって、喜んで食べてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて表現もテレビであるからごくふつうだけども、しかし、若いころは、ケーキを焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、お菓子をつくる男性が増えたよねと言われる。

泣きながら話す母さんと僕
ブームが去った今、ニンテンドーDSに依存している。
はじめは、英検対策に英語漬けや英語のソフトを中心にしていただけのことだった。
だけど、電気屋さんでゲームソフトを見ていたら、他の物に目移りしてしまい、結局買ってしまう。
絵心講座や、マリオカート、どうぶつの森など多数。
便利なもので、旅の指さし会話帳も売れているらしい。
これは、電車内などの退屈な空き時間には活躍しそうだ。

勢いで走る友達と冷たい肉まん

飲み会などの酒のお供に、ぜひ体に良い物を!と考えている。
ここ最近の酒の友はニンニク。
それ以前はマグロ。
それから、直近では鰻だけれど、高いのでそれも辞めた。
昨日、新メニューを考案した。
だいたい100円しないくらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、味の素と塩コショウを適量使用し味を調えたもの。
かなり価格は低いし、カロリーも低い気がしませんか。

ノリノリで体操する姉妹と夕立
ひとり暮らしの時、コンディションがあまり良くない上に、食事と、睡眠の中身が悪かったので、ニキビが増した。
このままではマズいと思って、食生活を整え、肌ケアに良い事をやろうと情報収集をした。
すると勧められたのが、アセロラドリンクだ。
いまだに毎朝飲むことにしている。
レモン以上にCが多量に摂れるとの事だ。
コンディションと美容は何と言ってもビタミンから作りだされるのかもしれない。

◎サイトメニュー

◎サイトメニュー

Copyright (c) 2015 幻は酔った博士でも信じなかった All rights reserved.